具体的に、急に100万円が必要になった場合を想定して回答させていただきます。
まず初めに私がすることは、物を売ること。

家にある価値のあるもので使っていないものや、必要な時に再購入可能なものを売却します。
例を挙げると、テレビ、PS4、パソコン、漫画や雑誌、空気清浄機、などです。

なぜ最初にこの選択肢を選ぶかというと、出来れば自分一人で解決したいと望むからです。

借りたお金を返せなくなった時に、返せなかった相手にかける迷惑を最小限に抑えるために、自分の所有物を販売するという選択肢を1番に選びました。

続いて私は銀行に行き、お金を借りれるか否か確認します。
いくら借りれるのか、利息や手数料はいくらかかるのかを確認しておきます。ただしまだ借りません。

銀行に相談をする理由は、まず私に社会的な信用がどれくらいあるのか確認しておくためです。
ただし、利息や手数料がかかるのですぐには借りず、他の手段で解決できないか確認してから借りるだろうと思います。

次に親に連絡します。親に100万円が必要になったことを伝え、物を売って○○円作れているので○○円が必要であると伝えます。

そして銀行に行ったら○○円借りることができることも伝え、いくらか借りることができないか相談します。
そしてそのあとに友達に相談します。友達には、ひとりにつき最大でも10万円。それ以上を超える相談はしたくないです。

それでも満たない場合は、実家の近所にも相談を持ち掛けます。この時も最大10万円でしょう。
友達より先に親に相談するのは、信用度が親の方が高く、相談する敷居が低いからです。
残り金額が少なければ少ないほど、友達に相談しやすくなるように感じます。

最終手段として銀行や消費者金融に相談します。最近は主婦でも借りる事が出来ますからね。【主婦カードローン
利息や手数料が少ない銀行から回っていきます。最終的に支払う金額は少なくしたいと思うのは当然でしょう。

私は以上のような手段、順序で金策を行っていくと思います。
今回は100万円というあまり多くない金額でしたが、もっと高額だった場合は他にも数種類の方法を用いるかと思います。

例えば、資産家に直接相談する。身近に資産家がいないか調べ、そこを当たります。資産が豊富な方であれば、私たちにとっての高額な金額も微々たるものでしかないかもしれませんので、貸してくれる可能性は高いかと思います。

特に、知り合いの知り合いに資産家がいて、知り合いとの関係性が高ければ高いほど貸してくれる可能性は高まるでしょう。

Leave a Reply